立ち退きの手続について

立ち退きの基礎

立ち退きの手続きは大きく分けると2つあります。1つは賃料滞納によるケース。もう一つはそれ以外のケースです。当ホームページでは立ち退きに関する法知識を随時掲載して参ります。全体像を把握するための目次として下記をご参照ください。

賃料滞納を巡る立ち退きについて

1 滞納してから

  • 滞納がはじまったときの心構え
  • すぐに解除できるのか
  • 無催告解除特約と解除について
  • どの程度の賃料未納があれば解除が見込まれるか。

2 滞納してからの手続

3 賃借人に対する請求

  • 滞納家賃のほか、裁判の費用、弁護士費用も請求できるか
  • 原状回復費用を請求できるか。

 4 手続に関する費用について

  • 弁護士費用はどの程度か
  • 弁護士以外の費用はどの程度か。

賃料滞納以外の理由による立ち退きについて

1 解除理由

  • どのような解除理由があるか。

2 用法違反

  • ペット
  • 騒音
  • 共用部分の無断専有

3 開発のための立ち退き

  • 事業者なのか住民なのか